<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

Jersey Shore Sunrise

e0083693_21112855.jpg
以前ブログでご紹介したLong Branch Beachに、今度は朝日を見に行ってきました。
海に沈む夕日は見た事があるけれど、海から昇る朝日を見るのは初めて。東海岸に住んでるからこそ出来る特権です。
日の出前の朝焼けから、太陽が水平線から顔を出してどんどんと昇って行くまでの空の色の変化が、何とも幻想的で素晴らしかったです。自然が生み出す芸術ですね。早起きした甲斐がありました。
日の出の瞬間を見ようと何人かの人々が私たちと同じように海岸に来ていましたが、それでも朝のビーチはひっそりとして波の音だけが響いていて、貸し切りビーチの様な贅沢な時間を味わうことができました。
e0083693_2116755.jpg
日の出30分前

e0083693_21162440.jpg
美しい朝焼け

e0083693_21164684.jpg
太陽が顔を出した瞬間

e0083693_21171227.jpg
昇って行く太陽が海に反射している

e0083693_21172837.jpg
ビーチに残されていたボートも絵の様な風景にみえる
[PR]

by princetonmary | 2009-07-27 08:25  

ナイアガラの滝 その2

e0083693_20173014.jpg
カナダ小旅行の第2報です。
川沿いを歩いて滝を観て回った次の日は、観光船「霧の乙女号」に乗りました。ナイアガラの滝のすぐ側まで船に乗って行けると言うもので、事前に調べたナイアガラの滝のホームページで見てぜひ乗ってみたいと思っていたのです。

朝一番に乗り場に行ってみると、もう結構人が並んでいてあららーと思ったのですが、思った以上の速さでどんどん列が動いて行きました。それもそのはず、この観光船には一度に600人あまりの観光客を乗せることができるそうで、それが15分おきに運転しているのです。エレベーターで崖を降りるとセキュリティーチェックがあり、青いビニールのポンチョの様な物を全員渡されます。朝だったのでそれほど暑くはありませんでしたが、このビニールをかぶって船を待っていると、中が蒸し暑くて大変でした。何百人もの人が青いポンチョを着て並んでる姿…ちょっと異様です。マークが「僕らスマーフの集団だね!」と笑っていました(スマーフって何?という方はこちら)。

私たちの乗る船がやって来て、全員が我先にと乗り込むといよいよ出発。まずはアメリカ側にある滝に近づいて行きます。どんどん近づいくと滝のしぶきが頭の上からかかってきてすごい!ビニールを着ていなかったらずぶ濡れになりそうなほどです。写真を撮りたいけれど、カメラが濡れてしまうので袖から出したりしまったりしてなかなか思うように撮れません。それに船が結構揺れるので、手すりにしっかりつかまっていないと落ちそうで怖いし。間近で見る滝は上の遊歩道から見たのとはまた違って数倍の迫力で迫って来て、すごかったです。船に乗っているみんなが歓声をあげて見上げているけれど、ゴウゴウと流れ落ちる水の音がすごくてかき消されてしまうんです。

一つ目の滝を過ぎて一息つくと、次はカナダ側の滝へ。この滝は滝が滝つぼを囲むように流れているので、船で真中へ進んで行くと水のカーテンに囲まれてしまったように感じるんです。水しぶきの真っただ中に入って行くと、流れ落ちる滝が本当に目の前に見えてものすごい迫力!その水量にも圧倒されました。こんなにもたくさんの水が1日24時間、365日流れ落ち続けてるなんて、当たり前の事なのになんだか不思議と感動してしまいました。大自然の作り出す雄大さってすごい魅力ですね。

30分ほどの行程を終えて乗り場に戻ってくると、みんなずぶ濡れになっていました。もちろんビニールを着ていたので服は濡れませんでしたが、フードの部分をかぶらなかった人は髪の毛がぐっしょり濡れてしまうほど水しぶきをかぶったようです。余談ですが、この川の水はあんまりキレイではない様な…乗り場付近の流れの滞っている所には茶色い泡が立っていて、ちょっとガッカリしてしまいました。遠くから見る滝はあんなにキレイに見えるのに。ナイアガラの滝は五大湖のうちオンタリオ湖とエリー湖を結ぶ川の途中にあるので、滝の水はこの巨大な湖からのものなわけですから、山の中の滝のように湧き水できれいという訳にはいかないんでしょうね。
そうだとしても、この霧の乙女号はナイアガラの滝を満喫するには欠かせないアクティビティの一つです!もしまた訪れる事があったら、また絶対乗ると思います!
e0083693_2018180.jpg
霧の乙女号。青いビニールをかぶった人たちがたくさん乗っている

e0083693_20201265.jpg
船が出発し、次第に滝に近づいていく

e0083693_20204156.jpg
アメリカ側の滝。舞い上がる水しぶきが頭から降りかかってくる

e0083693_2021271.jpg
次はカナダの滝へ。これからあの水しぶきの真中へ入って行く

e0083693_20211872.jpg
頭上から流れ落ちるような近さで迫ってくる滝。ものすごい水の量!
[PR]

by princetonmary | 2009-07-15 07:16  

ナイアガラの滝 その1

e0083693_974430.jpg
先週末、初めての結婚記念日を迎えました!
あれから1年も経つなんて、時の経つのは本当に早いものです。おかげさまで2人仲良くやっています。

記念日の記念に、ナイアガラの滝へ小旅行へ行ってきました。うちからナイアガラまではまっすぐ車で行って6時間半。休憩を取りながら行くので実際にはもう少しかかります。この週末は独立記念日のホリデーウィークエンドだったので、ハイウェイもナイアガラの滝もものすごーく混んでました。

ナイアガラの滝はアメリカとカナダの国境にあるので、両方の国側から見る事が出来るのですが、カナダ側の方が眺めがよいらしく、観光地として賑わっているのもカナダ側の方。私たちもカナダ側にホテルを取ったので、橋を渡って国境を越えカナダに初入国しました。車に乗りながら出入国審査を受けるのって初めての経験でドキドキしました(日本にいたらあり得ないですもんね?)。

着いて最初に驚いたのは、滝がすごく近くに見える事。川に沿って遊歩道が滝のすぐそばまでずっと続いていて、川の水が崖を落ちて滝になる所を真横で眺めることができるんです。そしてそんな近くで見る滝はすごい迫力で、圧巻という言葉が本当にふさわしい。国境を越えるずいぶん前から高々と見えていた水しぶきは、近くまで来ると空から霧雨のように降り掛かってきます。そしてそのしぶきに夕暮れ時の太陽が反射して大きな虹が。まさにスペクタキュラー!どの場所から見ても素晴らしい光景で、どこから撮っても絵はがきの様な写真になるのです。

滝を眺めようとものすごい数の人たちが繰り出していて、お祭りの時のように道が混雑していました。この夜には独立記念日の花火が滝の側で催されたので、ある意味お祭りの夜だったわけなのですが。遅い夕食の後に外へ出ると花火が始まっていて(夏時間なので暗くなるのが遅く、花火は夜10時ころから始まる)人々の興奮も絶好調に。カナダにいながらアメリカ独立記念日の花火を見れるって不思議ですね。国境の側にいるんだと言うことを実感しました。

まだまだ夜はこれから、みたいに賑わっている街を抜けてホテルに戻ると、ライトアップされたナイアガラの滝が窓から見えてキレイでした。泊まったのは去年のハワイと同じシェラトンホテル。眺めがとてもよかったです。
e0083693_983754.jpg
カナダ側の滝。このスケールは本当に迫力満点。ボートが木の葉のように小さく見えます
e0083693_991946.jpg
アメリカ側の滝。右下に黄色いレインコートを来て滝をみてる人がいます

e0083693_995296.jpg
空高く舞い上がる水しぶきに見事な半円の虹が

e0083693_911476.jpg
川沿いで滝を見る人々
[PR]

by princetonmary | 2009-07-08 20:25  

NJのビーチ

e0083693_2252752.jpg
6月は雨続きで肌寒かったNJも、このところやっと夏らしい日差しになってきました。
日曜日は良いお天気だったので、友達と一緒にNJのビーチにボードウォークに行ってきました。
NJも東側の海岸は幅の広いビーチが続いています。北アメリカの東海岸はずーっと砂浜なんだよ、と以前プリンストンのラボの人に教えてもらった事がありますが、このビーチがフロリダまで続いてるってなんだか不思議に感じます。

この日行ったLong Brunch、Monmouth BeachはNJの南北の中心くらいのところにあって、別荘地や海水浴場として人気の所みたいです。まだ海水浴をするには水が冷たい時期でしたが、たくさんの人たちがビーチで遊んだりボードウォークを楽しんだりしていました。
ボードウォークってこちらに来るまで知らなかったのですが、ビーチに沿って長い遊歩道が設けられてあって、砂浜に入らなくても海を見ながら遊歩道を歩くだけでも楽しめるようになってるんです。ジョギングをしている人もいれば犬の散歩をしている人もいるし、座って海をずっと眺めていてもいい。色んな楽しみ方があるんです。ここのビーチには途中に賑やかなショッピングモールがあって、おしゃれなレストランも遊歩道沿いにいくつかありました。大西洋を間近に見ながら食事が出来る、絶好のロケーションですね。
この日はボードウォークだけでしたが、次回はもっと暑いときに、ビーチも楽しみに来たいです。
e0083693_2255290.jpg
海を見ながらボードウォーク

e0083693_2253180.jpg
ヤシの木(偽物かも?)が植えてある所もあって、ここだけ見ると南の島みたい

e0083693_22532730.jpg
海沿いのレストランで食事を楽しむ人々

e0083693_2253477.jpg
なんと結婚式までありました
[PR]

by princetonmary | 2009-07-02 10:18