カテゴリ:University League( 1 )

 

木のツアー

先月末に「Picnic for New Faculty」に参加した縁で、Princeton University Leagueが企画した「木のツアー」に参加してきました。
プリンストン大学内にある「樹木」をガイドさんに案内してもらって楽しもうと言うもの。英語のtutorのSteveから「プリンストン大学のキャンパスにはとても珍しい木が沢山あるらしいよ」と聞いていたので、とても楽しみにしていました。
今週は暖かい日が続いていて、今日も半袖でも平気なくらいの良いお天気。色付きを増してきた紅葉を楽しむのには絶好の日になりました。

平日の午後1時からのツアーだったせいか、参加者はかなり高齢の方ばかり。このツアーのガイドを18年もやっているというベテランガイドのおじさんについて、UniversityChurchの前から出発しました。
キャンパスには400種類以上の樹木があるそうで、Churchの前だけでもSugar Maple、Red Oak、Tulip Poplarなどよく見かける大木からJapanese Katsura(桂)なんてのもあって、本当に種類が多い。説明を聞きながら眺めてみると、同じように見えていた木々が実は一本一本違う木だったことに気がついたりして。「見えて」いただけで、「見て」はいなかったんだなーと、ハッとしました。
e0083693_1553956.jpgそれにしても、プリンストンの木々は本当に伸び伸びと枝を伸ばしています。どの角度から見ても左右均等に枝が茂ってバランスの取れた美しい形をしています。まるで「この木何の木~♪」に出てくる木みたい。やっぱり土地が広いからなのかな。
ツアーはNassau Hallの近くの木を巡って1時間半ほどで終わりました。Nassau Hallのような古くからある建物の周囲には古い木が多いですね。プリンストン大学は今年で260周年、周りの木々は樹齢300年以上のものもあり、Nassau Hallが建てられた時から見守ってきたんでしょうね。自然と歴史を感じることの出来た楽しいツアーでした。
e0083693_156353.jpge0083693_1565633.jpg


ツアー参加者の中には、日本語を勉強中と言う女性(多分70歳以上?)もいて、私が日本人だとわかると積極的に日本語で話しかけてくれました。あのお年でも学ぶ事を続けておられるなんて、素晴らしいです。見習わなくちゃですね。
[PR]

by princetonmary | 2006-10-10 23:57 | University League