秋の兆し

e0083693_66483.jpg
今年の秋分の日は、アメリカでは9月22日でした。この日はFirst Day of Fallと呼ばれ、この日からカレンダー上では秋なんですが・・もちろん急には秋になりません。昨日も今日も最高気温は29℃で湿度も高くて夏のよう。近所の家からエアコンをつけてる音も聞こえてきて、9月の末にエアコンかい!と突っ込みたくなることもしばしば。でも、ふと木々を見上げると、なんと紅葉が始まってるではないですか。そう思って見てみれば、あちこちに色づいている木を発見。いつのまにか秋が忍び寄ってきていたようです。
e0083693_662460.jpg
日当りの良いところから色が変わって行くようです

e0083693_664931.jpg
気の早い(?)この木はもう全体が色づいています

e0083693_67101.jpg
真っ赤な葉が実がなってるように見えます

e0083693_672889.jpg
空も秋の空になりました
[PR]

# by princetonmary | 2009-09-25 06:13  

Jersey Shore Sunrise

e0083693_21112855.jpg
以前ブログでご紹介したLong Branch Beachに、今度は朝日を見に行ってきました。
海に沈む夕日は見た事があるけれど、海から昇る朝日を見るのは初めて。東海岸に住んでるからこそ出来る特権です。
日の出前の朝焼けから、太陽が水平線から顔を出してどんどんと昇って行くまでの空の色の変化が、何とも幻想的で素晴らしかったです。自然が生み出す芸術ですね。早起きした甲斐がありました。
日の出の瞬間を見ようと何人かの人々が私たちと同じように海岸に来ていましたが、それでも朝のビーチはひっそりとして波の音だけが響いていて、貸し切りビーチの様な贅沢な時間を味わうことができました。
e0083693_2116755.jpg
日の出30分前

e0083693_21162440.jpg
美しい朝焼け

e0083693_21164684.jpg
太陽が顔を出した瞬間

e0083693_21171227.jpg
昇って行く太陽が海に反射している

e0083693_21172837.jpg
ビーチに残されていたボートも絵の様な風景にみえる
[PR]

# by princetonmary | 2009-07-27 08:25  

ナイアガラの滝 その2

e0083693_20173014.jpg
カナダ小旅行の第2報です。
川沿いを歩いて滝を観て回った次の日は、観光船「霧の乙女号」に乗りました。ナイアガラの滝のすぐ側まで船に乗って行けると言うもので、事前に調べたナイアガラの滝のホームページで見てぜひ乗ってみたいと思っていたのです。

朝一番に乗り場に行ってみると、もう結構人が並んでいてあららーと思ったのですが、思った以上の速さでどんどん列が動いて行きました。それもそのはず、この観光船には一度に600人あまりの観光客を乗せることができるそうで、それが15分おきに運転しているのです。エレベーターで崖を降りるとセキュリティーチェックがあり、青いビニールのポンチョの様な物を全員渡されます。朝だったのでそれほど暑くはありませんでしたが、このビニールをかぶって船を待っていると、中が蒸し暑くて大変でした。何百人もの人が青いポンチョを着て並んでる姿…ちょっと異様です。マークが「僕らスマーフの集団だね!」と笑っていました(スマーフって何?という方はこちら)。

私たちの乗る船がやって来て、全員が我先にと乗り込むといよいよ出発。まずはアメリカ側にある滝に近づいて行きます。どんどん近づいくと滝のしぶきが頭の上からかかってきてすごい!ビニールを着ていなかったらずぶ濡れになりそうなほどです。写真を撮りたいけれど、カメラが濡れてしまうので袖から出したりしまったりしてなかなか思うように撮れません。それに船が結構揺れるので、手すりにしっかりつかまっていないと落ちそうで怖いし。間近で見る滝は上の遊歩道から見たのとはまた違って数倍の迫力で迫って来て、すごかったです。船に乗っているみんなが歓声をあげて見上げているけれど、ゴウゴウと流れ落ちる水の音がすごくてかき消されてしまうんです。

一つ目の滝を過ぎて一息つくと、次はカナダ側の滝へ。この滝は滝が滝つぼを囲むように流れているので、船で真中へ進んで行くと水のカーテンに囲まれてしまったように感じるんです。水しぶきの真っただ中に入って行くと、流れ落ちる滝が本当に目の前に見えてものすごい迫力!その水量にも圧倒されました。こんなにもたくさんの水が1日24時間、365日流れ落ち続けてるなんて、当たり前の事なのになんだか不思議と感動してしまいました。大自然の作り出す雄大さってすごい魅力ですね。

30分ほどの行程を終えて乗り場に戻ってくると、みんなずぶ濡れになっていました。もちろんビニールを着ていたので服は濡れませんでしたが、フードの部分をかぶらなかった人は髪の毛がぐっしょり濡れてしまうほど水しぶきをかぶったようです。余談ですが、この川の水はあんまりキレイではない様な…乗り場付近の流れの滞っている所には茶色い泡が立っていて、ちょっとガッカリしてしまいました。遠くから見る滝はあんなにキレイに見えるのに。ナイアガラの滝は五大湖のうちオンタリオ湖とエリー湖を結ぶ川の途中にあるので、滝の水はこの巨大な湖からのものなわけですから、山の中の滝のように湧き水できれいという訳にはいかないんでしょうね。
そうだとしても、この霧の乙女号はナイアガラの滝を満喫するには欠かせないアクティビティの一つです!もしまた訪れる事があったら、また絶対乗ると思います!
e0083693_2018180.jpg
霧の乙女号。青いビニールをかぶった人たちがたくさん乗っている

e0083693_20201265.jpg
船が出発し、次第に滝に近づいていく

e0083693_20204156.jpg
アメリカ側の滝。舞い上がる水しぶきが頭から降りかかってくる

e0083693_2021271.jpg
次はカナダの滝へ。これからあの水しぶきの真中へ入って行く

e0083693_20211872.jpg
頭上から流れ落ちるような近さで迫ってくる滝。ものすごい水の量!
[PR]

# by princetonmary | 2009-07-15 07:16  

ナイアガラの滝 その1

e0083693_974430.jpg
先週末、初めての結婚記念日を迎えました!
あれから1年も経つなんて、時の経つのは本当に早いものです。おかげさまで2人仲良くやっています。

記念日の記念に、ナイアガラの滝へ小旅行へ行ってきました。うちからナイアガラまではまっすぐ車で行って6時間半。休憩を取りながら行くので実際にはもう少しかかります。この週末は独立記念日のホリデーウィークエンドだったので、ハイウェイもナイアガラの滝もものすごーく混んでました。

ナイアガラの滝はアメリカとカナダの国境にあるので、両方の国側から見る事が出来るのですが、カナダ側の方が眺めがよいらしく、観光地として賑わっているのもカナダ側の方。私たちもカナダ側にホテルを取ったので、橋を渡って国境を越えカナダに初入国しました。車に乗りながら出入国審査を受けるのって初めての経験でドキドキしました(日本にいたらあり得ないですもんね?)。

着いて最初に驚いたのは、滝がすごく近くに見える事。川に沿って遊歩道が滝のすぐそばまでずっと続いていて、川の水が崖を落ちて滝になる所を真横で眺めることができるんです。そしてそんな近くで見る滝はすごい迫力で、圧巻という言葉が本当にふさわしい。国境を越えるずいぶん前から高々と見えていた水しぶきは、近くまで来ると空から霧雨のように降り掛かってきます。そしてそのしぶきに夕暮れ時の太陽が反射して大きな虹が。まさにスペクタキュラー!どの場所から見ても素晴らしい光景で、どこから撮っても絵はがきの様な写真になるのです。

滝を眺めようとものすごい数の人たちが繰り出していて、お祭りの時のように道が混雑していました。この夜には独立記念日の花火が滝の側で催されたので、ある意味お祭りの夜だったわけなのですが。遅い夕食の後に外へ出ると花火が始まっていて(夏時間なので暗くなるのが遅く、花火は夜10時ころから始まる)人々の興奮も絶好調に。カナダにいながらアメリカ独立記念日の花火を見れるって不思議ですね。国境の側にいるんだと言うことを実感しました。

まだまだ夜はこれから、みたいに賑わっている街を抜けてホテルに戻ると、ライトアップされたナイアガラの滝が窓から見えてキレイでした。泊まったのは去年のハワイと同じシェラトンホテル。眺めがとてもよかったです。
e0083693_983754.jpg
カナダ側の滝。このスケールは本当に迫力満点。ボートが木の葉のように小さく見えます
e0083693_991946.jpg
アメリカ側の滝。右下に黄色いレインコートを来て滝をみてる人がいます

e0083693_995296.jpg
空高く舞い上がる水しぶきに見事な半円の虹が

e0083693_911476.jpg
川沿いで滝を見る人々
[PR]

# by princetonmary | 2009-07-08 20:25  

NJのビーチ

e0083693_2252752.jpg
6月は雨続きで肌寒かったNJも、このところやっと夏らしい日差しになってきました。
日曜日は良いお天気だったので、友達と一緒にNJのビーチにボードウォークに行ってきました。
NJも東側の海岸は幅の広いビーチが続いています。北アメリカの東海岸はずーっと砂浜なんだよ、と以前プリンストンのラボの人に教えてもらった事がありますが、このビーチがフロリダまで続いてるってなんだか不思議に感じます。

この日行ったLong Brunch、Monmouth BeachはNJの南北の中心くらいのところにあって、別荘地や海水浴場として人気の所みたいです。まだ海水浴をするには水が冷たい時期でしたが、たくさんの人たちがビーチで遊んだりボードウォークを楽しんだりしていました。
ボードウォークってこちらに来るまで知らなかったのですが、ビーチに沿って長い遊歩道が設けられてあって、砂浜に入らなくても海を見ながら遊歩道を歩くだけでも楽しめるようになってるんです。ジョギングをしている人もいれば犬の散歩をしている人もいるし、座って海をずっと眺めていてもいい。色んな楽しみ方があるんです。ここのビーチには途中に賑やかなショッピングモールがあって、おしゃれなレストランも遊歩道沿いにいくつかありました。大西洋を間近に見ながら食事が出来る、絶好のロケーションですね。
この日はボードウォークだけでしたが、次回はもっと暑いときに、ビーチも楽しみに来たいです。
e0083693_2255290.jpg
海を見ながらボードウォーク

e0083693_2253180.jpg
ヤシの木(偽物かも?)が植えてある所もあって、ここだけ見ると南の島みたい

e0083693_22532730.jpg
海沿いのレストランで食事を楽しむ人々

e0083693_2253477.jpg
なんと結婚式までありました
[PR]

# by princetonmary | 2009-07-02 10:18  

Tarrytown

日本から戻って来てすぐの6月初めの週末、あまりにお天気がよいのでドライブに行きました。
どこへ行こうか?と考えて、思いついたのが「Tarrytown」。大分前に朝の日本語ニュースで紹介されていたニューヨーク北部の小さい街。たしかロックフェラー家の家だか別荘だかがあって、ちょっとした観光にちょうどいいと言ってた様な記憶があって、その記憶だけを頼りに行ってみました。

場所はNY州のハドソン川沿い、うちから車で40分くらいの所。マンハッタンからも同じくらいで来れるそうです。Tappan Zee Bridgeという長ーい橋を渡りハイウェイを降りるとすぐにTarrytownのメインストリートが見えてきます。(Tarrytownの地図はこちら)

あまり下調べをせずにでかけたので見所はあまり知らなかったのですが、小さな街のメインストリートはアンティークショップや古い建物がならんでいて、ブラブラと街の様子を見ながら歩くのにはなかなかよい情緒。どこかプリンストンを思わせるような雰囲気もあります(こちらはずっと庶民的ですが)。お天気がよかったせいか観光客らしき人がたくさん来ていて、かなりのにぎわいでした。

街はハドソン川からの急な斜面に建っていて、坂道を降りて行くと駅に突き当たりました。この辺りは鉄道が走っているんですねー。ちょうど列車が入って来て、たくさんの人が降りてきました。NYに出かけた人たちが帰って来たのかな。アメリカの鉄道の駅って日本と違って商店街とかデパートとか全くなくて、ただ道路のそばに駅があるのみ。車寄せとか駐車スペースはもちろんしっかりあるので、駅は車から列車に乗り換えるだけの所なんでしょうね。

途中のフードマーケットに飲み物を買いに入ったら、なんと棚の一角にうどんとやきそばの麺と味噌を発見!こんな小さな街にも日本食品が置いてあるんだなーと感心。NYまで通勤圏内だから、この近辺にも日本人が住んでるのかもしれないですね。

メインストリートから駅まで行って戻って来ても1時間余り。もっとよく調べれば色々面白い所があったのかもしれませんが、これだけでも十分に楽しめました。この辺りにはこう言う感じの街が結構ありそうなので、またドライブがてらに訪ねてみようと思いました。

TarrytownのHP

e0083693_8353384.jpg
この橋を渡った所がTarrytown

e0083693_836558.jpg
古い教会がいくつもある

e0083693_8363432.jpg
メインストリートには結構豪華な家が並ぶ

e0083693_8365940.jpg
街の消防署。おじさんが水やりをしている

e0083693_8373842.jpg
駅前にあるTarrytown Villageの建物。市庁舎かな?

e0083693_8375984.jpg
街で一番賑やかな場所にあるレストラン。たくさん人が並んでる!

e0083693_8384986.jpg
Music Hallと書かれた建物。アメリカで一番古いシアターの一つなんだそうです。もちろん今でも現役
[PR]

# by princetonmary | 2009-06-18 19:52  

NJからNYを眺める

久しぶりの更新です。なんと半年余りも経ってしまいました。
半年の間にたくさんの事があって、日本にも2ヶ月ほども滞在していました。時間があれば追々時間をさかのぼってご紹介できたらと考えてます。

でもまずは最近の出来事から。日曜日にNJのハドソン川沿いへでかけてマンハッタンの夕暮れを見てきました。大分前にも何回かブログに書いたように、NJ側から見るマンハッタンは本当に素晴らしくてお気に入りの場所。前からよく行くホボケンという街の他に、最近見つけたジョージワシントンブリッジが間近で見れる公園へも行きました。この時間帯のマンハッタンは刻々と表情を変えていくので、いつまで見ていても飽きません。日が暮れて夜景が見れる頃まで楽しみました。NJに住んでいてよかったーと感じる瞬間です。

今アメリカは夏時間なので、これらの写真は7時半から9時ころにかけて撮ったんですよ。夏至が近いこの時期は9時近くでもまだ薄明るいので昼がとても長く感じます。

e0083693_1016959.jpg
ジョージワシントンブリッジ。全長は1km以上もあります

e0083693_10164367.jpg
マンハッタンのビルに夕日が反射している

e0083693_1017116.jpg
ホボケンの公園から眺めるNY。こんな所で一日本を読めたらいいですねえ

e0083693_10174957.jpg
明かりの灯り始めたマンハッタンは幻想的
[PR]

# by princetonmary | 2009-06-16 21:47  

NYのクリスマスツリー・ツアー

今年もNYのクリスマスツリーを見に行ってきました。
土曜日はかなり寒くて雪もちらついていたけれど、相変わらずロックフェラーセンターの周りはすごい人。特にツリーを正面から見る事の出来る通路は歩くのもままならないほど。でもやっぱりキレイでした。どこを撮っても絵になるって感じですね。
e0083693_10112779.jpg
e0083693_10183488.jpg

その後、ニュースで見たグランドセントラルの新しいツリーを見に移動。今年初めてお目見えしたらしいこのツリーは、なんとシャープの液晶TV、アクオスが飾ってあるんです。画面にはカラフルなデジタルアートが次々に映し出されて、なかなか面白くてよかったです。ニュースによると、このツリーとデジタルアートは日本人アーティストがデザインしたそうで、日本人もこんな風にNYを代表する様なランドマークで活躍してるのねーとちょっと嬉しくなりました。
e0083693_10123023.jpg

最後は雪の降る中パブリックライブラリーを通り過ぎ、ブライアントパークへ。ここにもクリスマスツリーがあるのです。ロックフェラーセンターのツリーを見た後だと小さく感じるけど、それでも十分立派なツリーです。
e0083693_10131622.jpg

この時期、NYにはあちこちにクリスマスツリーやディスプレイがあって、とてもすべては見きれないんですが、いつかは順々に訪ねてまわりたいものです。
[PR]

# by princetonmary | 2008-12-07 20:40  

ハロウィーンのパレード!

e0083693_21373464.jpg
昨日の夜、NYのGreenwich Villageのハロウィーンパレードを観に行きました!
Hobokenに車をとめて、Path trainでマンハッタンまで行くと、降りた駅がもうパレードのど真ん中!と言ってもまだパレードはそこまで来てなかったんだけど。スタート地点から私たちが待っている所まで来るのに結構かかって、その間は周囲の様子を見てました。とにかくすっごい数の人が観にきていて、背の低い私がよく見えるようなポイントを探すだけでも一苦労。ちょうどテレビのカメラが設置されている地点で、しまった、テレビの予約をしてくれば自分たちが映ったのを見れたかもしれないのに〜と思ったけどもう遅かった。

やっとパレードが来たときにはみんなの期待も最高潮に高まっていて、始めっからすごい歓声。最初の方に現れたのは長い棒にくくりつけられたゴーストの人形達で、沿道の人たちを頭上から襲いかかるようにパレードしてくる。子供だけでなく大人もキャーキャー言うほどすごい迫力。それからはマイケルジャクソンのスリラーを踊りながらパレードするグループ、マーチングバンド、一般の仮装してる人たちのグループなんかが次から次へと切れ目なくやってきて、もうすごかった。マークはずーっとビデオを撮っていたし、私もずっとカメラが手放せませんでした。

e0083693_21381497.jpg
パレードの雰囲気はもう、本当にクレイジーでエキセントリックで・・すっごい楽しめました!やっぱりハロウィーンは人を怖がらせるのが趣旨だから、パレードしている人たちもただ歩いてるだけじゃなくて、見てる人たちのすぐ側にやってきていろいろパフォーマンスしてくれるし。子供にはキャンディーをあげ、大人には写真撮影用のポーズをとったりハイタッチしたり。以前セント・パトリックデーのパレードを見たけど、あれはただ整然とパレードしているのを見ているだけって感じで、全然違う。なんかこれぞNYのパレード!って感じでホント楽しかった。

仮装で一番多かったのは、やっぱりサラ・ペリリンかなー。仮装しやすいよね、髪をアップにして赤いジャケットと眼鏡をかければOKだもん。Joe the plumer(配管工のジョー)もいっぱい見ました。政治的なメッセージをもった仮装が多かったのも、やっぱりこの時期だからこそだよね。今年の流行で言えば、バットマンの悪役キャラクターのジョーカーも多かったなあ。でもダースベーダーも負けずに結構いたし、新旧問わずわかりやすいキャラクターは人気あるのね。

いやー、なかなかクレイジーな夜でした。昨日の夜はパレードを見てる夢まで見てしまった。マークは最初「一生に1回だけ見てみたいもの」と言っていたけど、終わったら「また見にきたい!」と言っていたので、また観に行くかも・・。
e0083693_21384958.jpg
頭上から襲いかかるゴーストの人形達。本物みたい
e0083693_2139935.jpg
すごい熱気と興奮!屋根に登って見ている人も

[PR]

# by princetonmary | 2008-11-03 07:33  

初雪

e0083693_2175341.jpg
ふと窓の外を見たら、なんと雪が降ってる!
今日は確かに気温も低くて雨の予報で、NY州に近い所では雪マークだったけど、この辺りでも降り出すとは思わなかった。

プリンストンに住んでいる友人のサイトで、プリンストンでも今日は雪が降っている事を知りました。NJの北部だけかと思ったら、中部方面でも降っていたんだね。またびっくり。

外が寒くなってきて「寒い、寒い」と言っていると、マークに「寒い北海道から来たのになんでそんなに寒がるの?」とからかわれてしまった。冬が好きだからって、寒さを感じないとは言ってないじゃん。秋は寒さに体が慣れてくるまでしばらく寒さがこたえるんです。
今年は冬が早いのかなあ。もうちょっと秋を楽しみたいんだけどな。
[PR]

# by princetonmary | 2008-10-29 02:19